小さな工夫で安く鉄分は摂取出来ます

小さな工夫で安く鉄分は摂取出来ます

夏になってお料理をしていると立ちくらみや吐き気がして、気分が悪くなり最近の高温多湿で「熱中症」ではと思ってしまいますよね。

 

それにしてもエアコンをつけて水分補給もマメして保冷剤も首に巻いて対策していたのに。だんだん吐き気や立ちくらみは酷くなり立っていられないほどで、食欲不振になっていっていよいよマズいと実感します。これはおかしいぞと思って考えると、だいたいは「貧血気味」になっている事が多いんです。

 

今まで1年に1回は人間ドッグに行っていて健康診断もしっかりしていましたが、よくよく考えればドクターに毎回「貧血気味」を指摘されていたなんて事があります。鉄分が足りてないって事ですよね。貧血なんて野菜食べていれば治るなんて、安易に考えていませんか?毎日手作りの料理を心がけ、野菜と肉魚とバランスの良い食事を心がけているのになぜだと考えてしまします。特に夏になって、なかなか食欲がわきにくいので、体を冷やす野菜きゅうり・キャベツ・トマト・なすび・玉ねぎばかり食べていませんか?食べやすくてとっつきやすく、特に夏は旬なので安いので無意識のうちに食べる頻度が上がっています。これらの野菜ももちろん体にそれぞれいい影響をあたえるのは間違えないですが、鉄分系が不足しているんです。

 

鉄分を多く含む野菜は、ホウレンソウ・モロヘイヤ・小松菜・ブロッコリーなのでこれらを必ず1日に1品は使う事をお勧めします。貧血って予想以上に深刻なんですよ。酷くなるとたって家事も出来ないくらい体調が悪くなってしまいます。ホウレンソウや小松菜は子供が食べたがらないので、細かくみじん切りしたりフードプロセッサーを使用してハンバーグに入れたり、キッシュに入れても合いますよ。ハンバーグやキッシュは大体子供達は好きです。カレーに目立たないように入れるものいいですね。どうにかして摂取したい野菜です。

 

ブロッコリーは好きな子供も多いので使用しやすいですね。湯がいて塩・コショウで味を調えたら、上にとろけるチーズをのせて、レンジでチンしてもいいですし、更にベーコン入れても合いますね。モロヘイヤはそのまま湯がいて鰹節に醤油をかけてもいいですし、いためて焼きうどん・焼きそばにも合うんですよ。

 

チャーハンだったらホウレンソウ・小松菜は使用しやすく子供対達も食べやすいですね。鉄分ってサプリで摂ればいいやなんて思っていませんか?結局添加物もゼロではないし、安くはないの毎日家庭料理で摂取するのがベストです。お子様にサプリを摂取させるのは避けたいので、家庭料理で摂取するようにしていきましょう。小さな工夫で安く鉄分は摂取出来ますよ。小さく刻めば味も美味しく食べやすいです。