手掌多汗症は症状が3段階のレベルで表される

手掌多汗症は症状が3段階のレベルで表される

会議の司会やプレゼンを任されたり、重要な商談の場に立ち会ったりした時、手のひらが汗で湿ったという経験はありませんか。
不安や緊張といった精神的なストレスを受けると、交感神経が刺激されて汗が出やすくなります。

 

一時的な発汗は誰にでもありうる生理現象ですが、中には手のひらから滴り落ちるほどの汗をかいたり、緊張しているわけでもないのに汗が止まらない方がいます。
もし自覚できるほど手汗がひどい場合、その方は「手掌多汗症」になっている可能性があります。

 

多汗症を発する要因としては、交感神経の不調や、肥満、生活習慣の乱れなどがあります。
したがって、太り気味の人や辛いものを過剰に食べる人は汗をかきやすくなっていると言えるでしょう。

 

また、人によっては別の疾患が原因で多汗症状を起こしている可能性があります。
手のひらだけでなく、全身の汗がひどいような場合には、糖尿病や急性リウマチ、パセドー病などによる多汗症が疑われます。
手掌多汗症は、その症状が3段階のレベルで表されています。

 

  • 手のひらが汗で湿っている
  • 手のひらに汗の水滴が現れる
  • 手汗が垂れる、流れ落ちる

 

1程度の軽いものであれば、一時的な症状の可能性もあるため過度な心配はしなくて良いでしょう。
しかし、3のような激しい発汗が常にあると、日常生活にも支障をきたすようになります。

 

なんらかの疾患が原因で多汗症になっている可能性もあるので、2以上のレベルで症状が現れている場合には、医療機関で診察を受けた方がよいでしょう。
基本的には皮膚科を受診することになりますが、精神的な要因だとわかっている場合は、心療内科での診察を受けても良いでしょう。

 

精神的な要因で多汗症状が出ている場合、医師のカウンセリングを受けて不安を緩和することになります。

 

また、治療としては、手汗を緩和するために制汗剤・神経遮断薬を処方する方法や、手術によって発汗を止める方法があります。
市販の制汗剤では十分な効果がないこともありますから、自力で解決しようとせず、まずは医療機関に相談してみましょう。