デリケートゾーンの臭いが気になる!でも制汗剤はダメな理由

デリケートゾーンの臭いが気になる!でも制汗剤はダメな理由

女性は体臭対策に気を使う人が多いですが、あそこの臭いに悩んでいる人もいます。

 

 

女性のデリケートゾーンは複雑な構造をしている事もあり、ケアをしないと不快な臭いが出やすいものです。そこで思いつくのはデオドラントスプレーかもしれませんが、あまりお勧めできません。

 

 

デオドラントスプレーを使わない方がいい理由

 

 

デリケートゾーンの臭いをなくすために市販されている制汗剤を吹きかける人もいます。しかし、それはしない方がいいです。

 

 

市販されているデオドラントスプレーはデリケートゾーンに使用するために作られている製品ではありません。刺激のある成分が配合されていますし、香りでごまかすためのものであったりします。ではデリケートゾーンに制汗剤を使う事はどんなトラブルが起きるのでしょうか。まずはかぶれです。デリケートゾーンは体の皮膚が柔らかくて弱い部分になります。

 

 

そのようなポイントに脇に使用する制汗剤スプレーを利用したら、肌が赤く膨れたり、ヒリヒリと痛む事があります。また黒ずみができる可能性もあります。また、制汗剤に配合されている成分によって肌が黒ずむ事があります。制汗剤のスプレーの中には銀などの成分が入っている事はよく知られているのですが、このような成分は長い間使用していると、皮膚がくすんでしまったり、毛穴が詰まる原因になります。

 

 

他にも痒みが出てくる事もあります。かぶれと似ていますが、デリケートゾーンに制汗剤を使う事で痒みが出てくる事もあるのです。

 

 

石鹸を使う方がいい

 

 

デリケートゾーンの臭い対策としては制汗剤を使う事は良くありません。そこでデリケートゾーン専用の石鹸を使用するといいでしょう。例えばイビサソープなどです。この商品はデリケートゾーン専用の石鹸になります。デリケートゾーン専用の石鹸は肌の弱い部分にも使用できるように無添加で作られている事が多いです。イビサソープも無添加です。

 

 

また石鹸には固形タイプもありますが、イビサソープのようにプッシュして泡が出てくるタイプの方が使いやすいです。固形タイプは保管方法に面倒がありますし、お風呂場に置いておくとトロトロになってしまう事があります。デリケートゾーンの臭い対策には制汗剤は使用しないようにしましょう。